監視カメラの基礎知識

監視カメラの基礎知識


生活を送る中で、何気なく目にしているであろう「監視カメラ」ですが、
その種類や用途、目的、効果、必要性など、知っているようで知らないという方が多いのではないでしょうか。
 
今回は、これから監視カメラを設置しようと検討している方、
はじめて監視カメラについて興味を持った方向けに、
「監視カメラの基礎知識」と題し、監視カメラをさまざまな切り口で紐解いていきましょう。
 
目次
1.監視カメラとは
2.監視カメラの種類 
3.監視カメラの購入方法 
4.監視カメラと防犯カメラ、どっちを選ぶ?
 
 
1.監視カメラとは                         
「監視カメラ」は、監視することを目的とした録画対応のカメラであり、
監視が必要とされる建物や商業施設、多目的施設などに多く設置されています。
 
近年、監視カメラをはじめ、防犯を目的とする防犯カメラが多く利用されるようになり、
さまざまな場所で役立つアイテムとして需要が高まっています。
 
1-1.監視カメラの特徴
リアルタイムで監視する
監視カメラの特徴は、ある特定の場所をリアルタイムで監視し、
人の行動や起きる事象を把握することができるカメラであることが一つです。
何か問題や生じたときに、監視カメラで撮影したビデオ動画を再生し、
その時に何が起きていたのかを確認することができます。
 
目立たないように設置される
監視カメラとよく比較されることが多い、防犯用の「防犯カメラ」があります。
これは、防犯を目的としていることから、目立つように設置されます。
一方で、監視カメラは、監視をすることが目的のカメラであることから、
基本的には「目立たないように設置される」のが普通です。
 
24時間体制で監視
犯罪やトラブルが起きた場合に、監視カメラで撮影していた動画を調べることができれば、
犯人の特定やトラブルの原因を特定することができます。
監視カメラでの監視システムは、「24時間体制」であることが基本です。
録画した映像を振り返るためだけでなく、遠隔操作をしてリアルタイムで監視ができるなど、
使用方法や用途は非常に幅広いという特徴があります。
 
1-2.監視カメラを設置するメリット
監視カメラの必要性、それは「監視カメラを設置するメリット」をみると自ずと理解できます。
 
防犯対策に効果的
「監視カメラ作動中」などと書かれた看板や、ステッカーを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
ほかのカメラとは異なり、監視カメラは目立たないように設置されるのが一般的です。
そのため、設置場所は把握させないのが通常です。
 
姿を撮影されるリスクを冒せない犯罪者は、監視カメラ作動中などの文字をみると、
その場所を回避しようとします。
このことから、監視カメラを設置することは、
「防犯対策に効果的」というメリットを作りだすことができるのです。
 
証拠を残せる
監視カメラのもう一つのメリットは、「証拠を残せる」ということです。
特に、周囲で悪質な犯罪や、トラブルが起きている際に、
ただの目撃情報や、根拠のない理由では物事を追求できないことがあります。
このような時に監視カメラは非常に便利であり、撮影した動画を再生して、
証拠として提出することができるのです。
 
上記の内容を参照すると、監視カメラを設置することで得られるメリットが、非常に多いことが分かります。
そして、これらのメリットをもたらすためには、監視カメラの設置が必要不可欠といえるのではないでしょうか。


監視カメラ